大日丸Dainichi Maru-memorial cargo ship -


板谷合名が明治後期に輸入した大日丸。大日丸 Dainichi Maru 7131/LDMF 鋼製貨物船 3,145G/T Lpp:97.54(320'-0") B:12.80(42'-0") D:8.03(23'-40") m 主機 R) 三連成 1基 1軸 194NHP/1,660IHP 速力 9/10kt 起工:____.__.__ 進水:1893.11.__ 竣工:____.__.__ C.Connell & Co.,Glasgow 建造 原名は"Eskdale
日本での所有者の変遷は板谷合名ただし船名録には板谷商船株式会社(神戸)→久榮商店(神戸)佐藤卯助(小樽)
1931年7月21日御前崎付近で座礁大破(海事年鑑昭和7−8年版、6年7月
1日〜7月30日収録)
スコットランドの Mr.
James Cormack によればYarrowdale号は姉妹船。

The former Dainichi Maru was built in 1893 as the ESKDALE by C.Connell &Co, Glasgow,Scotland.
In 1912 she became the Dainichi Maru. (Itaya Gomei Co ,Otaru)

In 1924 it was owned by Nomura Zaimoku Co and Kyuei Shokai Co,Kobe ?
In 1929            by Sato Usuke,Otaru.....
In 1931 July 21 it was stranded off Omai saki.

The Eskdale was the sister ship of the Yarrowdale. (Mr.James Cormack )


伊吹丸Ibuki Maru 、(後の大日丸Dainichi Maru)1922-43
5,814総トン、8,903重量トン、垂線間長117.3メートル、主機三連成汽機1基、最大出力3,242馬力、最高速力14.9ノット。
1922年(大正11年)4月15日三井フリート造船部玉工場で最初の重油燃焼装置を採用した貨物船として完成。
(しかし運航は重油だけでなく石炭も使用されていた。当時の日本は重油禁輸をうけており、石炭を用いたと思われる。
捕虜として乗船されたプラントン氏は船内で石炭の運搬に従事されたと証言されている。)
第一次大戦後に開設された北米定期航路に就航し、後年遠洋不定期船とされ、第二次大戦には陸軍に徴用された。
1935年板谷商船に売却され、大日丸と改名。
(その時、初代大日丸の銘板を記念として移設したと思われる。なぜなら1942年プラントン氏はEskdaleの銘板を船尾に確認している。


改装後の大日丸。後方に他の貨物船が写っているので判別しがたいが同船である。この写真はポストカードとしても使用
された。(板谷商船提供)
1942年10月10月28日1,600名のイギリス、オランダ、オーストラリアの軍捕虜と軍事物資を積んでシンガポールを出航、11月12日に高雄入港うち900名(船中死亡3名)を台湾に移管。残りの700名と台湾からの500名、併せて1200名が1942年11月
24日に門司港入港。台湾からの500名は東京へ移管。マラヤ、シンガポールからの700名は福岡に移管とあり、船中での犠牲者は80名とあります。

1943年(昭和18年)9月8日門司発、9月12日上海、9月30日高雄を経てマニラに向かう途中10月8日ルソン島西方北緯18度48分東経119度21分にて米潜水艦ガーナードにより被雷撃沈、2000名を超える将兵と乗組員が戦死した。

In 1935 Jun 15 Itaya Shosen Co (former Itaya Gomei) bought the Ibuki Maru and renamed to Dainichi Maru.(above photo is before repainting: following photo
is after repainting which was used as a post card,in this photo there is a ship behind it,so that the chimeney and mast look like the Dainichi Maru.)

The Ibukisan Maru renamed to the Dainichi Maru

was the first cargo ship to use fuel oil firing  equipment.
(This ship used not only oil but also coal, too.At that time there was an oil embargo against Japan, so they must use coal.
Mr.Planton, a P.O.W on this ship testifed that he carried coal.
Probably. the nameplate of the ESKDALE ,being located in the stern area ,might have been removed as a 'souvenir' from the earlier ship.)


It was completed at the Tama Plant of Mitsui Shipbuilding Co. on April 15, 1922 as the second of two ships in the Iwatesan Maru class. The ship was put on the North American line(Dalian
KobeYokohamaSeattle), and later it operated as an ocean tramp steamer. It weighed 5,814 tons gross, 8,903 deadweight tons, and was 117.3 m in length between perpendiculars, and hada beam of 15.5 m . The main engine was a triple expansion steam one with a maxim output  of unit of 3,242 hp.Maximum speed was 149 knots.

The Dainichi Maru was used in the Japanese Army during the war.

One data described that In 1942 Oct. 28  left at Singapore ,1,600 pows went on board
    Nov.12  anchored at Takao,900 were transfered to Taiwan and 500 were added
             24  arrival  Moji port  total ing 1200 .

80   died on  the ship.


She was torpedoed and sunk west off Luzon on October 8, 1943, and over 2,000 Japanese soldiers and its crew died."

 

DainichiMaru
「戦没した船と海員の資料館」
Japanese-POW web site
日本殉職船員顕彰会
戦 時 下 に 喪 わ れ た日 本 の 商 船
Museum of Japanese Merchant Ship
The Story of The Taiwan POW Camps

参考サイト
http://www.fepow-community.org.uk/monthly_Revue/html/dainichi_maru.htm
http://www.jsu.or.jp/siryo/index.html
http://www.west-point.org/family/japanese-pow/photos.htm
http://www.kenshoukai.jp/index.htm
http://www.aa.cyberhome.ne.jp/~museum/index.htm
http://www.powtaiwan.org/